システム事業部:駒野 敦士

社員インタビュー1

テクノツリーを選んだ理由と仕事内容

私には「日本の工場の生産能力を最大にしたい」という夢がありますが、XC-Gate.ENTを見たときに、「この製品は自分のやりたいことそのものだ」と感じ、テクノツリーの作る製品が自分の指向に一致していると感じ、入社しました。
中小企業ながら、セミナーや展示会などでペーパレス推進の提案を積極的に行っているところも気に入りました。
システム事業部ではフロントSEとして、お客様へXC-Gateを用いた業務フローの提案や、お客様が実業務で用いるXC-Gate用Excel帳票やカスタマイズの設計を担当しています。

テクノツリーでの仕事のやりがいや喜び

導入後、お客様から”XC-Gateがあるからと業務が成り立つ”といった声が聞けるとやる気につながります。
例えば、XC-Gate導入後、1万以上のExcel帳票を現場で運用していただいたという事例を聞いた時には、驚きとともに、XC-Gateが社会に強く貢献していると強く実感しました。
また、XC-Gateが繋がる製品を増やす、現場の見える化を容易にする製品を新規開発するといった目標の為に、実際にPLCで制御するデモ機を開発したりなど、XC-Gate周辺の知識を幅広く勉強することができます。

就活生へのメッセージ

テクノツリーではXC-Gateを中心に、「企業活動の見える化」について、幅広く経験することができます。
積極的な姿勢があれば、数多くの案件で、色々な企業の考え方に触れることができ、その経験を持って「見える化」を効率よく行うために必要な道具を提案できるようになります。

採用情報

このページの先頭へ