あらゆる現場をソリューションで応援!

バーコード照合支援システム GANZ-K(ガンツケ)

GANZ-K(ガンツケ)の特長

ソフトウェアのパッケージ化により、多岐にわたる工程のバーコード化を実現します。

Webサーバを共同利用するため、自社でのデータ管理が不要です。

発注側(親企業)の生産管理システムの形態

導入いただく狙い

  1. ラベルの混入・添付ミスによる現品相違の撲滅
  2. 作業工程内での照合ミスによる次工程へのミス流出防止
  3. 作業時間短縮による作業の省力化

導入の背景

現品相違によるクレーム、コスト増大に悩まれている企業様へ、バーコードリーダー等を活用し、「製品」と「社内・納品ラベル類」の「現品相違」をなくすためにご利用いただいております。

現品票を置いている棚での社内・納品ラベル類の取り間違い

作業途中での社内・納品ラベル類の補充時の取り間違い

作業員交代時に、隣にある他の現品票を使用してしまう間違い

現品票作成時の他品番の混入

通い箱へのラベル類の貼り間違いや貼り忘れ





タブレット端末との連携

バーコードを利用した現品相違確認の実施と、その確認結果を生産支援管理システムへ記録します。生産状況の確認はiタブレット端末による表示端末で確認しています。

導入効果

各工場ごとの導入目的と効果

作業工程 導入目的 導入効果
作業準備 手作業の省力化
  1. データの並び替え等の自動化
  2. 照合用バーコード付ラベル類発行
  3. 各種帳票類発行(レイアウトはExcel編集)
製造・検品照合 製品・ラベル類の保証
  1. 目視からバーコード照合による正確・時短
  2. ミス発生時に次工程への流出防止
  3. 製造時に照合することにより
出荷照合 入数・箱数の保証
  1. 出荷場での出荷数の間違い防止
照合データ・トレーサビリティの活用により
  1. 出荷実績の確認と未納品の管理
  2. ミス発生時の作業者・場所・時間の特定
  3. 作業者の特性を分析し、個別指導・配置の検討も可能

運用イメージ

受注から出荷までの徹底したバーコード化が、オペレータの負担を軽減し、異種部品の混入や現品ラベルの貼り間違いといった現品相違を撲滅します。

製品メニュー

このページの先頭へ