【3/23】「IoT活用を成功させた現場の事例紹介セミナー」を行います!

IoT活用を成功させた現場の事例紹介セミナー

「IoT」という言葉が2015年より色々な雑誌や書籍に溢れ2016年一気に広まってきました。
ただ逆に「Iot」って一体何だろう?具体的に何をしたらいいのだろうかと悩んでおられる方も多いのではないのでしょうか。
今セミナーではIotの概要から現場へのタブレットを使った活用方法まで製品事例を交えてご紹介いたします。

【日 時】 平成29年3月23日(木)15:00~17:00(14:45開場)
【場 所】 グランフロントナレッジサロン(参加ご希望の方には別途会場案内図をFAXいたします)
【費 用】 無料 先着20名様
【申込方法】下記の申込フォームより もしくは、申込書を印刷の上、FAXにてお申込ください。
>>申込書(PDF)
申込FAX送付先 : 078-948-2301

 

プレゼン1:
『IoTとは?タブレットを使った現場の見える化事例のご紹介』
プレゼン2:
『蓄積したデータの効果的な活用方法をご紹介!』

詳細

【第1部】 【第2部】
現場の紙をなくしませんか?

「IoT」とは具体的に何をしたらいいのかお悩みではありませんか。現場に眠っている重要な情報をどのように集めいかに活かすことが出来るかが重要なポイントになります。工場・現場の見える化ソリューションXC-Gate(エクシーゲート)は、皆さんが普段お使いの紙の帳票が簡単にタブレットで電子化できるツールです。タブレットを活用し今迄紙で放置していた現場の情報を活かした各社の事例をご紹介いたします。

簡単構築、生産現場の見える化ボード

近年、「IoT」や「インダストリー4.0」など、生産現場のICT化が進んでいます。ただ、一方でデータは蓄積されているが、「活用方法が分からない、難しい」「コストがかかる」などのお悩みのお声もよくお聞きします。このお悩みを解決するソリューションとして、ノンプログラミングで、簡単に、生産現場の見える化ボードを構築出来る「MotionBoard」について、構築事例とデモを交えて詳しくご紹介いたします。

【プレゼンター】 【プレゼンター】
株式会社テクノツリー
営業推進室次長清水雄介(しみず ゆうすけ)Webソリューション開発運営会社。中小企業の製造工場の現場見える化に特化。
ウイングアーク1st株式会社
関西営業部3G 猪内 誠司(いのうち せいじ)国内シェアNo.1 国産BIツールを提供するソフトウェアベンダー、現場の情報活用に特化。

 

展示予定

>> 詳細はこちら >> 詳細はこちら
>> 詳細はこちら >> 詳細はこちら

受講申込みフォーム

会社名(必須)
ご氏名(必須)
部署名
役職名
E-mail(必須)
住所(必須)
電話番号(必須)
このセミナーを何で知りましたか?(必須) Webサイト ダイレクトメール FAX その他 
ご要望、ご質問等

個人情報保護方針をお読みになり、同意いただける方は、
入力内容をよくご確認の上、送信ボタンを1 回だけクリックしてください。
( 何度もクリックすると正しく送信されない場合があります。)

新着情報一覧

このページの先頭へ