【9/28 東京開催】東京初開催レノボジャパン㈱・ウイングアーク1st㈱・㈱テクノツリー3社共催「働き方改革・IoT活用セミナー」を行います!

≪経営者・製造幹部・工場部門ご責任者の皆さま≫ 現場改善セミナーのご紹介

「IoT」という言葉が2015年より色々な雑誌や書籍に溢れ2016年一気に広まってきました。
また「働き方改革」というキーワードが世の中を賑わせています。

今回のセミナーではIotの概要から現場でのタブレットを使ったデータ収集(テクノツリー)
集めたデータの分析・活用(ウイングアーク1st)を、各社実機デモ(Lenovo)を交えながらご紹介いたします。

セミナー会場であるレノボジャパン㈱での展示機器ツアーも行います。

 

プレゼン①:『IoTとは?タブレットを使った現場の見える化事例のご紹介』

プレゼン②:『蓄積したデータの効果的な活用方法をご紹介!』

 

【日 時】 平成29年9月28日(木)15:00~17:30(14:45開場)
【場 所】 東京都千代田区外神田四丁目14番1号 秋葉原UDX レノボ・ジャパン㈱セミナールーム
(参加ご希望の方には別途会場案内図をFAXいたします)
【費 用】 無料 先着40名様
【申込方法】下記の申込フォームよりお申込ください。

 

プレゼン1:㈱テクノツリー
『タブレットを使った現場の見える化事例のご紹介』
プレゼン2:ウイングアーク1st㈱
『蓄積したデータの効果的な活用方法をご紹介!』
プレゼン③:レノボジャパン㈱
『問題解決の肝はデバイス!
現場の機動力を加速させるレノボのタブレットのご紹介』

詳細

【第1部】 【第2部】
現場の紙をなくしませんか?

「IoT」とは具体的に何をしたらいいのかお悩みではありませんか。現場に眠っている重要な情報をどのように集めいかに活かすことが出来るかが重要なポイントになります。工場・現場の見える化ソリューションXC-Gate(エクシーゲート)は、皆さんが普段お使いの紙の帳票が簡単にタブレットで電子化できるツールです。タブレットを活用し今迄紙で放置していた現場の情報を活かした各社の事例をご紹介いたします。

簡単構築、生産現場の見える化ボード

近年、「IoT」や「インダストリー4.0」など、生産現場のICT化が進んでいます。ただ、一方でデータは蓄積されているが、「活用方法が分からない、難しい」「コストがかかる」などのお悩みのお声もよくお聞きします。このお悩みを解決するソリューションとして、ノンプログラミングで、簡単に、生産現場の見える化ボードを構築出来る「MotionBoard」について、構築事例とデモを交えて詳しくご紹介いたします。

【プレゼンター】 【プレゼンター】
株式会社テクノツリー
営業推進室次長
清水雄介(しみず ゆうすけ)

Webソリューション開発運営会社。中小企業の製造工場の現場見える化に特化。

ウイングアーク1st株式会社
営業・ソリューション本部 営業統括部 テクニカルセールス部 フィールドエンジニア第2グループ杉山真一(すぎやま しんいち)国内シェアNo.1 国産BIツールを提供するソフトウェアベンダー、現場の情報活用に特化。
【第3部】
問題解決の肝はデバイス!現場の機動力を加速させるレノボのタブレットのご紹介

 

レノボジャパン㈱ 展示機器ツアー

 

【プレゼンター】

 

このページの先頭へ